オスワリの教え方

オスワリは、基本の姿勢です。

オスワリを覚えれば、お尻が地面につくので興奮しづらくなり、

飛びつきや突進など、やらせたくない行動を回避出来ます。

 

オスワリの教え方

右手に集中させ、誘導を始める


犬と向かい合わせになり、おやつを握った手のにおいをかがせて

犬を集中させて誘導を始めます。

 

手を犬の頭の上に移動


においにつられた犬がおやつを握った手の動きを目で追うと、

自然とオスワリの姿勢になります。

そこで、「オスワリ」と言います。

※犬が座る瞬間に指示を出すことで、犬にその言葉と動作の関連性を覚えさせます。

 

ほめてごほうびをあげる


座った状態の犬に、ほめながら握っていたおやつをあげてなでます。

犬に、座るといいことがあると印象づけます。

 

ハウスから出す時や、玄関を出る時など

犬が興奮しそうになったら、オスワリの指示を出しましょう。

その他、動かないでほしい時にも、オスワリは有効です。

 

例えば、

犬を連れて玄関を出る時

ハウスから出す前

他の犬を発見して興奮する前 等々。

 

皆さんも~!! 

Let’s try to OSUWARI( ´∀`)bグッ!

(文法あってるかな(;’’)??)

日々のことの最新記事8件